バイク王では事故車や不動車、ローンが残っているバイクも買取可能?

バイク王では事故車や不動車、ローンが残っているバイクも買取してもらえる可能性があります。順番に解説していきましょう。まず、事故車でも少しボディがへこんでいる程度なら買取してもらえる可能性はあります。事故車の特徴はボディの傷やへこみ、エンジンの損傷などが見られることです。無傷な車に比べたら多少は査定額が下がりますが、走行に問題なければわずかな減額ですみます。

 

不動車というのは事故による損傷が激しく動かなくなった車のことです。このような車は買取をしてもらうことが難しいです。しかし、車のパーツには貴重な金属が使われており、パーツ自体に価値があるので買取してもらえることもあります。不動車でもあきらめずにバイク王に相談をしてみてください。

 

次に、ローンが残っているバイクについて解説します。ローンが残っている場合にはローンを完済してから売却するのが理想です。ここで言う完済とは、バイクを売却して得たお金を使って完済するという意味も含まれています。つまり、査定の結果、ローンの残高よりも高い金額がつけば問題ないということです。逆に、バイクを売ってもローンが完済できない場合にはやっかいな問題になります。

 

例えば、ローンの残高が50万円あるのに、バイクの査定額が30万円だったとしたらバイクを売っても20万円の借金が残ります。このような場合には、バイクの所有権がどうなっているかを確認しましょう。

バイクをローンで買うとき、所有権をディーラー側もしくはローン会社に残したままにしておくことがあります。「ローンを返済するまではバイクの所有権はディーラー側にありますよ」という契約です。所有権が自分になければ自由に売却することができないです。所有権が自分にあるなら、借金が残っていても自由に売ることができます。

ローンが残っている場合でも、とりあえずはバイク王に相談をしてみましょう。担当者が適切なアドバイスをしてくれるはずです。