バイク王の店舗ではローンが使って購入することができるのか

バイクの販売や買取を行っているバイク王の店舗では、購入するときにローンを使用して購入することができます。

バイク王のバイク購入ローンは、JAマイカーローンや各種銀行系のローンなどを利用して購入することが可能です。

 

利用する時のメリットに関してですが、まずは全国の銀行のローンも使えるために金利が安い点が挙げられます。金利は年2.0%から利用することが可能です。取り扱いに関してですが、主に全国の銀行・地方銀行・信用金庫などといった金融機関のものからモビットやアイフルといった信販会社のものまで幅広く揃っていることが特徴です。そして金利や支払回数などの点に関しても自身の都合に合わせて使うことができるため活用していけば便利であることはいえるでしょう。

その代わり、バイク王のバイク購入ローンを利用する事でデメリットも生じますので覚えておきます。まず、所有するバイクが自分の名義にはなりません。高いお金を毎月支払っているのに所有者がバイク王・銀行になっているために嫌な気持ちになってしまう人もみられます。愛車を手放す際においては、完済した証明書を取り寄せる必要もあることや名義変更にお金を取られてしまうこともあるためそのあたりもデメリットです。

それから、バイク王のローンは選ぶことはできるのですがその多くが銀行系のローンとなっています。金利は低い代わりに保証金が必要なことや何度も銀行に足を運んで面倒な手続きをする必要があるなど手続きの面で面倒と感じる人もいることは事実です。
バイク王で融資を受けて購入及び利用するにあたっては、支払額や金利に応じて使い分けておく必要があります。

もしも短期での支払いを考えているのであればアコムやプロミスなどといった消費者金融などを利用して借りることも一つの方法です。

これらの会社であれば初めての利用なら30日間は無利息で利用出来るため、この間に支払いを済ませることでお得に購入することができるといえます。計画的な購入をしておくことは、とても重要です。

バイク王では事故車や不動車、ローンが残っているバイクも買取可能?

バイク王では事故車や不動車、ローンが残っているバイクも買取してもらえる可能性があります。順番に解説していきましょう。まず、事故車でも少しボディがへこんでいる程度なら買取してもらえる可能性はあります。事故車の特徴はボディの傷やへこみ、エンジンの損傷などが見られることです。無傷な車に比べたら多少は査定額が下がりますが、走行に問題なければわずかな減額ですみます。

 

不動車というのは事故による損傷が激しく動かなくなった車のことです。このような車は買取をしてもらうことが難しいです。しかし、車のパーツには貴重な金属が使われており、パーツ自体に価値があるので買取してもらえることもあります。不動車でもあきらめずにバイク王に相談をしてみてください。

 

次に、ローンが残っているバイクについて解説します。ローンが残っている場合にはローンを完済してから売却するのが理想です。ここで言う完済とは、バイクを売却して得たお金を使って完済するという意味も含まれています。つまり、査定の結果、ローンの残高よりも高い金額がつけば問題ないということです。逆に、バイクを売ってもローンが完済できない場合にはやっかいな問題になります。

 

例えば、ローンの残高が50万円あるのに、バイクの査定額が30万円だったとしたらバイクを売っても20万円の借金が残ります。このような場合には、バイクの所有権がどうなっているかを確認しましょう。

バイクをローンで買うとき、所有権をディーラー側もしくはローン会社に残したままにしておくことがあります。「ローンを返済するまではバイクの所有権はディーラー側にありますよ」という契約です。所有権が自分になければ自由に売却することができないです。所有権が自分にあるなら、借金が残っていても自由に売ることができます。

ローンが残っている場合でも、とりあえずはバイク王に相談をしてみましょう。担当者が適切なアドバイスをしてくれるはずです。