バイク王の評判で見かける「帰らない」の真相とは

バイク王はバイクの買取に長年の実績があるものの、同時に良くない評判が多い事でも知られています。
その代表的な評判として挙げられるのが「帰れない」です。

この「帰らない」という口コミやレビューをした利用者たちは出張査定を依頼した人たちですが、その人たちは出張査定に来たスタッフが提示した買取価格に対して渋るなり依頼のキャンセルをしたり等否定的な反応を示したらスタッフはなかなか帰らなかったと語っています。

その対応に不満や嫌悪感を抱き、マイナスな評価がされたわけですが実はスタッフが帰らないのは高額買取のチャンスです。
買取を生業にしている業者であれば依頼は継続的に行わなくてはなりません。
そこでさらに希少な代物を手に入れれば尚良いですが、基本的には質よりも数の勝負になります。そのため依頼はキャンセルされないように丁寧な対応をしていくとともに、依頼した品を絶対に手に入れるために交渉術を試みるものです。
そのうちの1つが粘る事、すなわち帰らない事となります。

バイク王が行っている交渉術は様々ありますが、出張査定で帰らない真相は「何としてでも取引を成立させたい」からです。
先述した買取金額を拒否したらすぐには帰らずに店舗と連絡する経緯はそういった背景がありますが、実はもう1つ理由があります。
それは出張査定を行っているからという理由です。

現在では当たり前のサービスである出張査定ですが、業者にとってはコストがかかります。
出張のために必要な車のガソリン代が代表的で、そのコストを上回る利益は必要不可欠です。
だというのに出張先の依頼がキャンセルされたら骨折り損のくたびれ儲けになってしまいます。

そうならないために出張に来たスタッフはあの手この手で粘り、しまいには店舗の許可を得てから最高額で買取を行う事も数多いです。
つまりスタッフが帰らないという事は依頼達成に本気であるという証拠で、利用者はそれに乗じて高額な価格を希望しても構いません。